インプラントの構造

インプラントの仕組み

インプラントの構造の説明

インプラントの構造は、骨に埋込む部分をフィクスチャー、フィクスチャーと義歯のジョイントの部品をアバットメントといいます。通常、アバットメントはネジでフィクスチャーに固定していて、アバットメントの上部に義歯を付けますが 、義歯をフィクスチャーにダイレクトにつける場合もあります。義歯が取れないように、セメントを使用して義歯を付けるケースと、ネジで義歯をアバットメント、ないしは、義歯をフィクスチャーに付ける場合があります。インプラントはこのような構造になっているので、基本的に患者が自由に義歯を取り外すことは出来ません。

構造はどれも変わらない

虫歯や歯周病で永久歯がぬけてしまうと、新しい歯は残念ながらもう二度とはえてきません。少し前までは入れ歯しか治療方法がありませんでしたが、最近ではインプラントという治療方法があります。この治療は、顎の骨にネジにようなものを、手術によって埋め込むので、噛み応えを感じることができるのです。また、見た目も自然で人気を集めています。そして、構造はネジの上に人工の歯の形をしたものを装着します。ネジと人工の歯の間に、アバットメントというものをつけることがありますが、基本的な構造はどのインプラントも変わりありません。