インプラントができる

インプラントが可能な機関

インプラントの良さを知るには

インプラントとは失った歯に対する歯科治療の一つで、顎にチタン製の支柱を埋め込み、それを土台にして人工歯を植え付ける方法です。見た目もきれいで、義歯とちがって着脱の手間も省けます。自分の歯と同じようにつかえるという点で、普及してきている方法です。かつては大学病院でなければできない方法でしたが、一般の歯科クリニックでも「インプラントできます」というコメントを目にします。ただ、このように優れたものではありますが、骨粗鬆症の人に対しては考えものです。支柱を埋め込む際、顎の骨に埋め込むときに、骨がもろければ、支柱をしっかりと建てられなくなってしまいます。せっかく人工歯を植え付けても、土台がぐらぐらしてはどうにもなりません。自分は適用できるのか考えたうえで実施すべきです。

骨粗鬆症の人のための治療

歯を失ってしまった場合の治療としては、インプラントの人気が高まっています。これは歯を失った顎の骨に人工の歯根を埋め込んで新しい歯を作っていく方法で、見た目も使い心地も本物の歯に近いことで人気となっています。入れ歯やブリッジよりも最近はこの治療を選ぶ方が多くなっていますが、治療を成功させるためには骨の状態が良いことが条件です。それゆえ、骨粗鬆症の方の場合は治療が難しいともいえますが、骨移植などで対応できる場合もありますので、まずは歯科医院でカウンセリングや精密検査を受け、インプラント治療が可能であるかどうか判断してもらいましょう。