インプラントで永久歯

インプラントで快適な食事

インプラントで歯の再建を

歯を失った場合の最新の治療法がインプラントです。簡単に言うと顎にボルトを差し込んで骨に接合、くっついたところで人工の歯を被せる方法です。これまでもブリッジや義歯などの方法がありましたが、審美性が良くなかったり、噛む力が弱かったりという欠点がありました。しかし、インプラントなら審美性に優れているだけでなく、あたかも自分の歯のように噛めるのです。人間が生きていくためにはエネルギーが必要です。そのためには食事をする必要があります。よく噛んで食べることで栄養の吸収もよくなり、ますます健康になれるのです。

インプラントのメリット

インプラントとは、虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合にチタン製の人工歯根を埋め込み、それを土台にしてセラミックでできた人工の歯を装着する方法です。健康な隣の歯を削る必要がなく、見た目がとても自然です。直接あごの骨に固定されるので、隣の歯に負担をかけてその寿命を縮めるといった心配もありません。インプラントは口の中で違和感がなく、天然の歯に近い力でしっかりと噛めて味もよくわかるので食事をおいしく楽しむことができます。入れ歯と違ってずれたり噛むと痛みを感じたりすることもなく、使用感はとても快適です。