インプラントと差し歯

インプラントをする意味

差し歯よりも丈夫なインプラント

前歯が虫歯でなくなったり、転んで折ってしまうと、歯科クリニックで差し歯を付けてもらうことになりますが、あまり固いものは噛めないので、せんべいやアイスキャンデーを噛むことが難しくなります。ですがインプラントにすれば、本物の歯と同じように噛めるので、差し歯にしてもらうよりもそっちを選ぶようにするのもいいと思います。評判の良い歯科クリニックに任せれば、手術の失敗を心配することもないので、安心して任せることが出来ます。保険適応外の治療になりますが、本物の歯に近い歯を手に入れられるなら、インプラントは十分に価値があります。

差し歯との大きな違い

インプラントと差し歯がごっちゃになっている人が多いようです。差し歯は自分の歯が多少なりとも残っていて、そこに何らかの被せものをした歯のことです。根の治療をして土台を作って、上に被せものをした歯のことです。よく芸能人などが、歯並びを美しくするために、健康な歯を削って上に綺麗な歯を被せて歯並びを整える方法もこれに入ります。一方インプラントとは、自分の歯が根っこから全くない状態に施す処置です。根がないので、ボルトを顎の骨に埋め込んで、接合したらそのボルトを根として、上に人工の歯を装着する方法です。手術が不可能な場合があるので全ての人に適用できるものではありません。また、自由診療となり治療費も高額となるため、決断に踏ん切れない人が多いようです。