インプラントの仕組み

インプラントで前の生活に

インプラントとブリッジの違い

インプラントとブリッジは、ともに虫歯などの理由でなくなった歯を人工の歯で代用する治療方法ですが、仕組みはかなり異なっています。ブリッジは、なくなった歯の両サイドにある残りの歯の一部を削って土台として、人工の歯を接着剤で固定するという治療方法です。大掛かりな手術が必要なく、短期間で治療が終わる反面、健康であっても残りの歯を削ることになりますので、大きな負担がかかります。いっぽう、インプラントでは人工歯の土台を直接あごに埋め込みますので、周囲の歯を傷つけず、天然の歯と同じ感覚で噛むことが可能です。

顎の骨が薄い人のインプラント

上顎の骨の量が少ない(薄い)と、埋め込んだインプラントが骨を突き抜けてしまい、しっかりと固定することができません。そのために歯科医院によっては治療を断られることもあります。しかし、サイナスリフトという最新の治療法を用いれば、施術は可能です。これは上顎にある空洞になった部分と上顎の骨の間にあるシュナイダー膜という薄い膜をはがして骨を移植し、インプラントを埋め込みます。骨の量が足りない場合は、骨の再生治療であるソケットリフトという方法が用いられます。