インプラントの利点

インプラントで解決する

インプラントの新しい歯科治療

近年歯科治療の最新の技術でインプラントが有りますが、これを使う事のメリットは大きくこれからの歯科治療において大きな影響を与えています。以前の歯科治療では長期にわたる虫歯治療や差し歯治療に関しては、治療の技術によっては雑菌が入り予想以上に治療期間がかかるケースも少なくありませんでしたが、インプラントを使用する事で雑菌の侵入を防ぐ効果も期待できるのは大きなポイントです。現在は保険適用外ですが保険適用内で治療可能になれば多くの人が利用するのも間違い有りませんので、一日も早く保険適用になる事を期待します。

歯を取り戻すインプラント

歯科で使われるインプラントという手法は、チタン製の土台を顎の骨に直接埋め込むことで歯の根元となる部分を作り、そこに人工の歯を装着する治療のことです。この治療では破損、もしくは完全に欠損した歯を取り戻す方法としても有効で、顎の骨さえ残っていれば土台を作ることができます。古くは紀元前3世紀ごろの人骨に、鉄素材にてこのインプラント治療を施した形跡が残っており、人類は古くからこの手法での歯の再現を試みていたと思われます。現代では土台の素材も改善されて安全性・耐久性も高まり、人気の治療方法のひとつとなりました。