インプラントの医療費

インプラント費の保険

インプラント高額医療の対象?

高額医療費という制度があります。国民健康保険や、会社勤めの場合は健康保険組合から、ひと月あたり一定額を超えた医療費について補助が受けられる制度で、金額は健康保険組合によって条件が異なります。ただし、ここで注意が必要なのは、制度が健康保険だということです。対象となるのは健康保険の適用となる医療です。歯科の治療は、先進的な方法がある反面、残念ながら健康保険の適用範囲はそれらをカバーしきれていないのが現状です。インプラントも健康保険の範囲に含まれない先進医療の一つですので、高額医療費の対象にはなりません。ところで、健康保険の適用範囲と、所得税の医療費控除の条件は異なりますので、インプラントも医療費控除の適用は可能ですので、確定申告をすれば税の減免が受けられます。

高額医療のための制度

インプラントは、保険が適用されないため高額医療になる事が多いです。殆どの機関では、手術を行う前のカウンセリング、問診等で患者から経済面の問題についてクリアにしてから手術を行うようにしています。高額医療のため現金での一括払いが難しい患者に対してはローンによる支払いを認める機関も多いです。保険が適用されない治療であるため、経済的な問題を心配する患者は多いですが、患者が経済的な問題を心配せずに安心、快適にケアを受ける事ができるシステムを多くの医療機関では採用しています。インプラント手術の前は、医療機関と話し合うことが重要です。