インプラントの強さ

インプラントの強度の事

インプラントに使われる素材

インプラントに素材として使われているものの種類はほとんどがチタンを使っています。チタンは強度があり腐食に強いということと、金属アレルギーがほとんど起こらないということが挙げられます。さらに、骨との親和性が非常に高いので、骨を結合して一体化するので、抜け落ちることなく噛む力を伝えることができるという、他の素材では実現できない効果があります。インプラントに利用される種類に、純チタン、チタン合金、チタン・ニッケル合金などがあります。それぞれ特徴があるので、口の中の状態にあったものを利用して治療します。

インプラント治療のメリット

近年、歯がなくなったときの治療法において注目を浴びているのがインプラントです。この治療法では、歯がなくなった顎の骨の部分にチタンなどでできた人工歯根を埋め込み、その上からセラミックなどの人工歯をかぶせます。義歯や入れ歯と違い、他の健康な歯に負担をかけることがなく、しっかり噛めることが人気の理由です。また、インプラントは、天然歯と変わりなく、口元も綺麗で審美的にも優れています。歯がなくなると、顎の骨が縮まり、一気に老化が進んでしまいます。しっかり治療することで、いつまでも若々しくいることができるのです。