インプラントの治療法

インプラントの成功率

インプラントの一般的な流れ

インプラントを希望する場合には、まず歯科を予約して歯科医師の説明をきき、レントゲンなどによる検査を受けるところからはじまります。歯や骨の状態によっては、手術が不可能な場合もあります。次に、検査結果をもとにして、実際の手術となりますが、この手術ではインプラント体とよばれる歯の根にあたる部品を顎の骨に埋め込みます。手術の方式によって、1回で済む場合と2回必要な場合とがあります。手術後は、人工の歯の装着を行い、噛み合わせなどの微調整を行い、治療は完了となります。ただし、以後も定期的にメンテナンスを受けます。

インプラントは自分の歯のよう

インプラントとは簡単にいうと、失った歯の代わりに顎に埋め込む歯のことです。骨にしっかり定着させるため、自分の歯と同じように物を噛むことができます。一部のケースを除けば保険が適用されないため、コストが高く、また治療期間も長くなるといったデメリットはあるものの、他の治療法にはない大きなメリットがあります。入れ歯やブリッジのようにしっかり噛むのが難しいものとは異なり、インプラントは現在で、最も機能的に優れた治療法といえます。