インプラントの治療

インプラントとブリッジ

インプラントの重要な工程

それぞれの体質や体調を見て治療計画を立てるインプラントでは、施術前のカウンセリングや診断が何より重要です。歯に関するものだから顔の下半分部分を検査するのだろう、と思われがちですが、実際には全身の健康状態が関わってきます。CT撮影による顎骨の状態は勿論、血液検査や血圧検査といった内科的な点も確認されます。特に糖尿病の人は施術後の経過にも影響するので、この検査やカウンセリングは疎かにはできません。もし初めてインプラントをするのなら、必ず施術前のこの工程をしっかり行ってくれるクリニックを選びましょう。

インプラントは自費診療のみか

インプラントは保険適用外で自由診療のイメージが強いですが、一部の条件を満たせば保険診療で対応が可能です。一部の条件とは、病気や事故による外傷で顎骨・歯槽骨の損傷または欠損が全体の3分の1以上の範囲であり、骨の再建を含めたインプラント治療が保険適用対象となります。また、顎の骨に先天的な形成不全や欠損が全体の3分の1以上ある場合も対象となります。しかし保険適用される場合、使用される材料は限定されており、質は、十分に機能が果たせるだけの必要最低限はありますが見た目が自由診療よりも若干劣る事は否めないです。